牡鹿半島で死にかけてきた【アホだった】

dav
アホ
f:id:rikkei:20181111122248j:image

うわあああああん!!

ここどこだよぉお…( ;∀;)

走っても、走っても、ぜ〜んぶやまみち。

ナメきっていたぼくは見事にしっぺ返しを喰らっていた。

あぁコンビニはどこ??

……

f:id:rikkei:20181108204352j:plain

2018年10月27日。

ぼくは牡鹿半島を走っていた。

f:id:rikkei:20181108204334j:plain

その自然たっぷりの美しい半島に惚れ惚れしていた。

ただひとつ、ぼくは気づいていなかったのだ。

牡鹿半島は、誇張なしで、ホントに山しかない!!(強調)
f:id:rikkei:20181111115052j:image

このギザギザの半島を見てほしい。

ここを走るなんて荒行だよ。山伏のやる修行だよ!

f:id:rikkei:20181111115334j:image

走ってると勾配17%とか表示されるし、もう意味がわからない。

基本的に10%以上を登ってるか、-10%以上を下ってるか。異常な土地だ。

f:id:rikkei:20181111120208j:image

それが堪らなく楽しいわけなんですが(恍惚)

ただ体力はゴリゴリ削られる。

f:id:rikkei:20181111122529j:image

しかも、調子にのってミドルハイトホイールを履いてきたもんだから、登りで足を消費しまくっていた。

(あ、このホイールも面白かったのでインプレ記事かきまっせ)

f:id:rikkei:20181108204329j:plain

平地はバカみたいな風が吹き付ける。

下ハン握ってダンシングしてた(平地で)(白目)

さあ、もう察しのイイ読者さんは気づいているだろう。

ぼくは体力切れで死にかけていたのだ。(ツラかった)

f:id:rikkei:20181108204335j:plain

日中はハイテンションモードで、どんどこ走り回っていた。

しかし後半、そのツケが回ってきた。

f:id:rikkei:20181108204341j:plain

次第に身体がショートしてきた。

その原因は、、、

圧倒的カロリー不足!!

コンビニはねぇ、個人商店もねぇ、はたまた自販機なんてあるわけねぇ!

シチュエーションが厳しすぎる…!!

それでも目の前は、10%のアップダウンの道。これには参った。

いつもなら補給食を持ってるが、この日はなぜか買ってきてなかった。

『まあ?補給食なくても、ぼくなら走りきれるでしょ?』

とおごり高ぶっていた。

過去の自分にデコピンしてやりたい。『お前はアホか』と。

f:id:rikkei:20181108204342j:plain

夕空は最高に素晴らしい。

頑張って頑張って走った。

『キャノボより100倍ラクだ』

と根性で走った。

麓のコンビニまで9kmというところで、レッドゾーンに入ってしまった。

チカラが入らない…。

f:id:rikkei:20181108204343j:plain

ウルトラマンのカラータイマーが、

ピコーン、ピコーン。

となってる状態。

身体中のカロリーを使い果たして動けなくなる2歩手前だと推理した。

筋肉がかゆい感覚に陥れば、それはすでにハンガーノックだ。そうならないよう、めちゃくちゃ気を使う。

なるべくカロリーを消費しないで、バイクを前に進める。身体全部を使う、マックスパワーを出さない、スピードを殺す。

長い登りを終えて、

『やった、平地だ』

パッとサイコンをみれば、勾配7%…

(´゚д゚`)ふぁい?

脳内処理もおかしくなってきたぞ( =^ω^)おっおっおっ?

筋肉が溶けている気がする。

いつから食べてないんだっけ?

もう覚えてない。

一縷の望みは、残り僅かな水だ。ちょびちょび飲んで、気を紛らす。

15分に一度はクルマが通っていく。

いざとなれば、助けを求めよう。だれか助けてくれますように。

あと6km。あれから3kmしか進んでないのか。や、やばい……。

これ、行き倒れるかもしない…(心が折れる音)ポキーン

…あっ。

ああ!

f:id:rikkei:20181108204344j:plain

あの、あの光は!!

やった!自販機だ!!!

耐えに耐えて…

ようやく補給物資にありつけるぞ!!

カロリーが取れるぞ!!

うおおおおおおっしゃあ!!

最後のチカラを振り絞る。喉はカラカラに乾き、筋肉もうまく動かない。

あとすこし…あと…すこ…し…

でん!

f:id:rikkei:20181108204345j:plain

んー?(゜-゜)

って!!

ただの電話ボックスじゃねーかっ!!!

( ′Д`)┌┛)`д) ;∴

This is 絶望 ですよ。

あー、こりゃこりゃ。ホイサッサ。

すったこら、すったこら、エイサッサ(やけくそ)

望みなんて、ありゃしないんだ。

泣きたい気持ちでいっぱいだった。゚(゚´Д`゚)゚。

くそぅ。。。出涸らしみたいな身体にムチ打って前へ進む。

立ち止まっても仕方ない、少しでも前へいこう。…ほんと帰れるのかな。

シャ、シャ、シャーー。(ホイールの音)

…あれれ〜?

ペダルが軽いよ…?

もしかして、これって下り坂じゃない?

来たのか!ここでっ!!

夢の下り坂が!!

きたきたぁ!イケイケどんどん!!

テンションは爆アガリじゃあ!

Fooooo!!!

今宵はパーリーナィッ!!

があああああ!と重力に引きずられるままに下っていく。

そして、、、

f:id:rikkei:20181108204346j:plain

ついに!コンビニだあああ!!!

f:id:rikkei:20181108204348j:plain

ラーメンうまああああああ!!!

染みるぅううう!!

あ、危なかった。

い、生き延びたぞ……。

ほんと絶望のライドだった。けど、生き残れてホントによかった( ;∀;)

f:id:rikkei:20181108204347j:plain

GALLIUMちゃんもお疲れさま!

f:id:rikkei:20181108204351j:plain

距離77kmで獲得標高1497mは頭おかしい。

ツーリングの範疇でないでしょ、これ。

ただ、140kmで5200m登る七葛(ななかつ)はもっと頭おかしい。(遠い目)

……

キャノボ成功させて、自分はすごいと驕っていた。どんなコースでも走れると思っていた。

だけど、無謀に走ってしまうぼくはまだまだ未熟だ。今回のツーリングで、ものすごい恐怖感を植え付けられてしまった。

またツーリングするときには、補給に気を付けようね。(自戒)

f:id:rikkei:20181111130619j:image

凶悪な牡鹿半島だった。

けど、またいきたい。。。

f:id:rikkei:20181111130611j:image

やっぱり後半はキツカッタ(^p^)

結論

補給食、死ぬほど大事( =^ω^)

みなさんもお気をつけあれ。

おわり。