【ゆるキャノボ】福岡→大阪530kmをゆるく走ってきた【後編】

202002ゆるキャノボ

福岡→大阪の530kmを48時間以内に走りきるチャレンジ!


友人のさとるくんと一緒に48時間以内に走り切ることができるのか…!

この“ゆるキャノボ編”をまとめてるよ!
①準備編
②前編
③中編
④後編←イマココ

岡山県に突入!

この時点で300km、経過時間は21時間45分。目標の48時間ゴールまで、26時間はある!残り230kmは余裕を持ってクリアできそうだ!

この勢いのまま行くぞっ!

300-400km(笠岡市→赤穂市)


笠岡市をパスして、浅口市へ入ると…


玉島バイパスだ~~~!!(画像はGoogleストリートビューから借りたよ)

自転車通行可だけど、かなり危ない道。

片道1車線の割にクルマはビュンビュン飛ばしてくる。さとるくんに前を走ってもらい、高速巡行で駆け抜ける。300km走ったのに、35km/h走行ができるのホントにすごい。さとるくんが風よけになってくれるので、ぼくはラクをさせてもらう。

分岐・合流ポイントでは声を掛け合って慎重に進む。

前を走るさとるくんがペースを作り、前方確認をしてくれる。後方のぼくはナビと後方確認の役目。

さとるくん『段差注意~!!』
ぼく『はい~!(段差ヒョイ)』

ぼく『そこを直進!!後続車ないよ!』
さとるくん『は~い!』

いままで4000kmを一緒に走ってきたので、すごく安心感がある。さとるくんの安全意識は高いし、判断ミスもかなり少ない。危険な道はお互いに声を掛け合えばリスクはぐっと減る。2人で走れるメリットはおっきいね。


高梁大橋を通過!!危険なバイパスを使ってきた理由がこれだ。


高梁川を渡るには、この橋が一番ラクできる。

事前にルートを作るときに、じっくり考えてきた道だ。かなりショートカットできる。バイパスのリスクはあったけど、理想通りの道を走れたのは大きなアドバンテージだ。

この先は渋滞だったので、バイパスを降りて側道を走る。

ようやくやってきたぜ、”大都会 岡山”!

バイパスですっかり神経をすり減らしてしまった。ちょうどお腹も空いてきた。ここらでお昼にしよう。2人で『らーめん!らーめん!』とコールしていたら。

いいタイミングでらーめん屋さんが!


岡山名物(?)のレモンラーメン!!

ほんとご当地ラーメンは面白い。秋田市には納豆ラーメンという変わり種があったけど、岡山もなかなか負けていない。クセがスゴイ!!

いざ、いただきます!

…くぅ~~!すっぱうま~~~~!!

疲れた身体に酸味が行き渡っていく…。はぁ~回復していく~。すっぱいラーメンも美味しい…!!!!

お昼を食べると気が抜ける。さとるくんは机に伏して休憩を取り始めたし、ぼくは天井をぼーーっと眺めていた。店内も空いていたし、ちょっと休ませてもらう。

20分ほど休んだろうか、もう1時をまわるところだ。36時間以内ゴールまであと11時間ほどだ。

よっしゃ、気合い入れていこう!!!

また国道2号線を走る。Twitterでもアドバイスをもらっていたけど、やっぱりクルマの運転が荒っぽい。急発進、急停止、急な左折。危険運転のフルコンボだ!!

「ウインカーを出せ!」と看板が立っていて、交通治安の悪さを感じてしまった。岡山、恐ろしいところ!!

信号待ちをしていると、ロードバイクに乗ったおっちゃんに声をかけられた。

おっちゃん「どこから来たん?」
ぼく「福岡から来ました(ほんとは山形だけど)」
おっちゃん「おお、遠くから来たね!どこまで行くの?」
ぼく「ちょっと大阪まで…」
おっちゃん「おぉ…長旅だな。1週間ぐらい?」
ぼく「いや…48時間以内には」
おっちゃん「うっへ…!!!」
と奇声をあげて仰け反った。

オーバーな反応で笑ってしまった。「この辺は危ないから、気をつけていきなよ」とにこやかに送り出してくれた。おっちゃん、ありがとう!!

荒っぽいドライバーさんに肝を冷やしながら、百間川橋を渡る。

ん?歩道でにこやかに、こっちを見ている人がいるぞ…?もしやTwitterのフォロワーさん?

フォロワーさんであるkishiさん(Twitter ID @hinamopapa)だぁあああああああ!!!

はじめまして!!わざわざ来てくださってありがとうございます!!!

ぼくもさとるくんもテンションが一気に上がる!!やっぱり直接会えるのは嬉しいもんだね!!!

僕らがレモンラーメン食べて、うだうだしてた間も待ってくださっていたそうな。リアルタイムで連絡を取っていないのに、よくぞ迎撃してくださいました!!


kishiさん『ここまで大変だったでしょう。でも、この先は交通量も減ってラクですよ』
ぼくら『こっからはラクですか!よかった~!』

ありがたいアドバイスだ!地元の方からの意見はめちゃんこ貴重だ。事前のルート作りの際にもkishiさんからアドバイスをいただいていた。ホント感謝しかない!ゆるキャノボは情報戦だ!生の情報が一番うれしい!

差し入れもありがとうございます!!大手まんぢゅう!!おいしかったです!!

10分ほど話し込んで、ガッツリ元気をもらった。お互いに自転車楽しみましょ!!迎撃ありがとうございました~~~~~!!!

このあとのルートはかなりラクちんだ。

河川敷に沿って邁進するのみ!!!クルマはずいぶんと減った!!

快走!快走~~!!!

と安心感が出たのか。

さとるくん『なんだか眠たくなってきました…』
やはり体力オバケのさとるくんでも疲れが出てきているのか。

カフェイン錠をさとるくんにあげると、『目が覚めてきました!!うぉおおおお!!!』と元気に走り回るまでになった。カフェイン強い…!

使う予定はなかったけど、持ってきてよかった。

超ロングライドの時には、カフェイン錠を持つことにしている。というのも、8号線キャノボの手痛い経験があるからだ。あのときは400km地点で睡眠不足でふらふらでまったく動けなくなった。キャノボを断念したのはいいが、そこから移動する力が残っていなかった。深夜2時に海岸にひとり。まわりには何もなかった。

仕方なしに、落ちていた土嚢袋を布団がわりに野宿した経験がある。寒くて寒くて、あれはつらかった。

この手痛い経験から『安全地帯まで移動するための、眠気覚ましが必要だ!』と学んだ。最後の最後でブーストをかけるためのカフェイン錠を持つようになった。

(このあともカフェイン切れになることなく、さとるくんはこの後ずっと元気だった。やはり体力オバケかよ)

あ…!

『おさふねサービスエリア』だ。

あぁ、ここは思い出深い。2年前のゆるキャノボのときに立ち寄った場所だ(当時の記事)。当時は夜8時にたどり着いたが、体力はぼろぼろ。ハンバーグを食べているのに全く味が分からなくなるほど疲労にむしばまれていた。

さとるくんと懐かしいね~なんて話ながら、ヒルクライムしていると見慣れた看板が!!!

うっぉおおおお!!!兵庫県に入ったぞぉおおおお!!

もうゴールは近い!

400-500km(赤穂市→神戸市)


残りは130kmだ!!いっくぞーー!!

このあたりは学生時代に何度も走っているので安心感がある。姫路→明石→神戸を抜ければ、大阪へ行ける!!!もう少しだ!!

ここまでの400kmで27時間30分経過。のこり130kmか…もしや36時間切りできるのでは?

休憩込みでも15km/hで走れれば36時間以内達成ができる!ここでぼくらのスイッチが入る。36時間以内がなかり現実的に思えた。よっし、いくぞと意気込んだところで…

赤穂から相生へ抜ける国道250号線がメチャ混み!!

小高い峠越えで大渋滞だ。

すり抜けは危ないので、クルマにくっついて走るが、30分も費やしてしまうことに。たった5kmしか進んでねーぞ!と心の中で荒ぶる。く~~~!!

どうやら犯人は信号のようで、交通量とミスマッチな青信号の短さが原因だった。ここでドン詰まっていた。

まあ文句を言っても仕方がない。焦るから気持ちが荒立ってしまう。ふ~落ち着いていこう!!

さとるくんに先頭を代わってもらい、姫路→加古川を一気に駆け抜ける。夕方の時間帯になり、交通量も増えてくる。遅々として進まなくなる時間帯だ。

最後の食事休憩!

時間が惜しいのでファストフード!!すき家!


ネギ玉牛丼でパワーチャージ!!!

消耗していた体力が復活!さとるくんもかなり元気になったと言っている。すき家さん、偉大っす!!

加古川を抜けて明石市入り。ここまでくればあと50kmだ!!

さとるくん『ちょっと母が会いたいらしいので、そのコンビニ寄りましょう』
ぼく『ふぁ!?』

さとるくんの実家が明石市にあるのは知っていたけど、まさかゆるキャノボ中に初対面になるとは…!!!こんなズタボロの状態で会っていいのかしら。目は充血して、唇は乾燥しきって、喉もガラガラだ。

コンビニで待っていると、クルマが入ってきた。

さとるくんのお母さんが迎撃!!
ぼく『あわわわ!』
と慌てていたら、お姉さんとお兄さんも車から降りてきた!!!

ふぁふぁふぁのふぁーー!?

さとるくん姉『ブログ読んでますよ〜』
ぼく『ふぁーーーーー』

さとるくん兄『さっきまで福岡に行って、帰ってきたところです~』
ぼく『ふぁーーーーー』

さとるくん母『なんか動画も上げてるよね?揺れてて見にくかったよ?』
ぼく『ふぁーーー!!すんません!!(車載動画は揺れるんですよ!)』

さとるくんご家族に圧倒されるわたくし。いつもぼくのTwitterやブログを見てくれているらしい。ありがとうございます!!

普段のツーリングの様子や、今回のゆるキャノボの話、自転車や装備について、一気におしゃべりする。ものすごいパワーチャージされた!みんなが応援してくれている。この事実だけで泣きそうなほどうれしくなる。「無茶やってるけど、気を付けてね」なんて気にかけてくれるのが染みるんです。

最後には補給食も奢ってもらって、ありがとうございます!!!

めっちゃ元気貰いましたよ!!!!

さとるくんも家族に会えて元気が120%爆発している。

うらっしゃあい!!!!

本気でいこう!!!本気で36時間を切ろう!!

ここまでは、タイムスケジュール無しだった。

だがここからはタイムを狙う!間に合うか分からない。
でも!!できるかどうかじゃない、やりたいかどうかなんだよ!!

ぼくはやりたい!!!最後はあがいてあがいて、力を全部出し切る!

全力を出し切って、無事にゴールをして、36時間を切りたい!!!

どうせ神戸市内に入ってしまえば、信号だらけで進めやしないんだ。いまだけ。このさき20kmだけが全力で走れる瞬間だァアアアアア!!

そう決めたぼくらは力強くペダルを踏んだ。

旧250号線と呼ばれる県道718号線を邁進した。

クルマがない!信号もほとんど青色!オールグリーン!!

すっすめぇええええ!!!!

480km以上走ってきた。寒くてツラい夜を超えてきた。それでも力はまだまだ湧いてくる。

35km/hでぼくが引っ張る!!!今だけ全力で!!!これまでにないほど真剣に!!!!!全部の力を使い果たせぇえええええ!!!!!!!!!さとるくんも燃えている。ぼくの全力に応えるように、前に出て引っ張ってくれる。ときには40km/hを超えるとんでもない脚力で引っ張ってくれる。

どれほど見てきた背中だろうか。どれだけ見てきたフォームだろうか。さとるくんはいつだって全力だった。

そんな彼がとても頼もしく、そして逞しく見えた。

いざ、行こう。2年前には死力を尽くして走った48時間を、今日越えてやるんだ!!!36時間というタイムを叩き出して、2年前を超えてやろうぜ!!!!!!

2人の自転車乗りは、夜を切り裂くように東に邁進していった。

500-530km(神戸市→大阪市)


はぁ…はぁ…はぁ…。

ぼくもさとるくんもぼろぼろだ。全力走で疲労いっぱいだったけど、高揚感が上回っていた。1時間で市街地を25kmも進めたのだ。

ぼくらは神戸市の三宮まで来ていた。ちょうどここで500km地点、残りは30kmだ。

しかもこの日が三連休の最終日。22時も回ると車が全然走ってない!

こんなにも走りやすい神戸があったとは!!ラッキーすぎる!!!

なんなく神戸を突破したぼくらに怖いものは無かった。全力走のおかげで時間の余裕もできた。

「神戸をぬけたからもう楽勝でしょー!」なんてさとるくんと話してたら

信号につぐ信号…!!!

STOP & GO地獄だぁあああああああ!!あああああ……つらい!!!

まったく進めない。200m置きに設置された信号に引っかかりまくる。だが、こんな時には焦っちゃだめだ。これまで通り、ハンドサインと声掛けで安全に最大限に気を配る。

信号終われ、信号終われ…何度願ったことだろうか。気持ちが折れそうになりながら、幾重にも張られた信号の網を抜けていく。

そして、その瞬間は突然にやってきた。

あ、もうゴールが近い!!!阪急野田駅の信号を左折して、大阪駅前に向けてペダルをまわす。

あとすこし、あとすこし…。見えた!!!ゴールだぁああああああああああ!!!!!!!


うっらしゃああああああああああああああ!!!!!ごぉおおおる!!!!!!!

やったぁああああああ!!!無事にゴールができたぁあああああ!!!


計画通り530km!

タイムは35時間53分。36時間をギリギリだが切った!!!!!よかったぁああああ!!!!

胸か熱いものがこみあげてくる。天高く拳を突き上げる。あぁ、がんばった…。

そしてゴール地点には、

はまでんさん(Twitter ID @m_idea105)が待ってくれていた!!!

お迎えありがとうございます!!!!!!1ヶ月半ぶりの再開。伊勢参りライドの時はありがとうございました!しばらくは会えないと思っていたのに、こうして会えるから自転車乗りのフットワークは軽い。

ゴール後

とにかく無事にゴールができてよかった。

回復を兼ねて、

マクドナルドで祝杯を挙げる!!!!

はまでんさんも、Twitter上でもみんなが祝ってくれている!!ありがとうございます!!!

このあと1時間は3人で談笑する。自転車話は尽きなかった。はまでんさん、ありがとうございました!!

深夜2時。終電なんてあるわけもない。ゴール付近のネカフェにでも泊まろうかと思ったが、睡眠をしっかり取りたかったので、さとるくんち(実家じゃなくて下宿先の方)へ泊めてもらうことに。ありがとう!!

さとるくんちまで20kmはあるけど、だらだら漕いで帰る。こういう気の抜けたときに事故は起きるので、ハンドサインと声がけはしっかりと。最後まで無事故で。


なんとかさとるくんちにゴール。ふー、やれやれ。

まとめ

今回のゆるキャノボは最高に楽しかった。

福岡→山口→広島→岡山→兵庫→大阪。全ての県でフォロワーさんに迎撃してもらえた。

このゆるキャノボのきっかけは、オタ活である福岡のライブに参加するついでに、「ゆるキャノボやってみよかー」と始めるというアホみたいなライド。

そんなテキトーさだったけど、大満足の結果だった。

さとるくんの圧倒的な脚力、ぼくとフォロワーさんで練ったルート。歯車がかっちりかみ合い素晴らしい走りができた。

キャノボ独特な『孤独な極限バトル』の雰囲気はなく、ゆるゆる楽しいことばかりできた。綺麗な景色を楽しみ、ご当地グルメを味わい、フォロワーさんから元気をもらった。

人生の思い出に刻まれる、楽しい36時間だった。

みなさん、応援ほんとうにありがとうございました!!!!!

ほんとーーーにたのしかったですっ!!!


この“ゆるキャノボ編”をまとめてるよ!
①準備編
②前編
③中編
④後編>←イマココ

今回走ったルート

Yahooのルートラボのリンクは2020年4月で切れるので、地図データ欲しい人は連絡くださいね。データ送りますね。

走ったログ

オススメ機材↓

2020年2月 国道2号線ゆるキャノボ編、おわり。