ちょっと48時間で540km走ってきた【ゆるキャノボ後編】

ゆるキャノボ

ゆるキャノボの後編です〜(/*´∀︎`)o

前編はこちらからどうぞ(‘∀︎’*)↓

前編はコレ!

さて、2日目。目を覚ました。

うん。眠気はない。だが、疲れはあまり取れていない。走り出せれば身体は動いてくれるだろう。

朝7時にいざ出発!

大阪までの残り310キロを走るだけ(*ノ・∀︎・)ノ まだ26時間以上は猶予がある。焦らずに走れば、きっとゴールできるだろう。

朝ごはんは吉野家へ。

f:id:rikkei:20180222223250j:image

なんだか食欲がなかったので、炭水化物は無し。

さとるくんは元気いっぱいだ。寝れば体力全回復する体質みたい。基礎体力をきちんとつけているのだろう。うらやましい。

初めの20kmは山岳コース。

とはいっても下り基調の道を駆け抜けるだけなので、負担は少ない。ウォーミングアップにちょうどいい。

f:id:rikkei:20180223164433j:image

天気にも恵まれていて問題なし。

ダウンヒルで寒く感じる程度だが、次第に暖まってくるだろう。昨夜に買ったカイロもまだ暖かい。

残り275km地点で休憩。

f:id:rikkei:20180222222436j:image

コンビニポプラ。

なかなか珍しい。広島発祥らしく、地元に寄り添ったローカルのゆるーい雰囲気で好きだ。レジのおばちゃんたちがおしゃべりしている光景に、癒しと懐かしさを感じるε- (´ー`*) 温かいお茶を飲んでひと息つけた。

走る時には、決してスピードを出し過ぎないように。でも快走区間ではスピードを落とし過ぎないように。自分たちの体調と相談しながら無理のない走りを心がける。

今回はスピードよりも、距離を稼ぐことを優先する。慎重な走りになる( ´∀`)

と、ここで…アキレス腱に違和感が…。

痛いわけではないが、なんだが調子がおかしい。ごまかしながら、足首に負担をかけないように走る。

以前に全自走1dayビワイチ340kmライドで、痛めたところだ。気にしながら走る。

中間地点の尾道まで行って、気持ち的に楽になりたい。尾道ラーメンを食べたい。その一心でペダルを回す。

急に海沿いの道になった。海が見えるということは…?

f:id:rikkei:20180222222449j:image

ここは、尾道だ〜〜!!

うひょー半分来れた!気持ちがずいぶんと楽になる∑︎d(*゚∀゚︎*) うれしい〜!

あの橋の向こうはしまなみ海道だ。四国の今治市まで走りに行きたくなる気持ちをグッと抑える。過去にも走ったことがあるが、何回も行きたくなる。また行くね、しまなみ海道。

頑張って辿り着いたあとは

f:id:rikkei:20180222222459j:image

尾道ラーメン!

うまうまー(ノ*’ω’*)ノ

あっさり醤油ベースに、中太麺がもちもちで、しっかり食べ応えがある!セットの餃子もこれまた美味しい…!体力が回復していくのを感じるよ。美味しいラーメンをありがとう。

尾道ー大阪ルートは何度か走ったことがある。ここからは知ってる道が続くと思うだけでも心強い。

平坦が続く2号線をひた走る。 交通量が多くなる区間なので気をつけていく。

追い風が相変わらずにアシストしてくれるおかげか、巡航も楽ができた。

f:id:rikkei:20180222222518j:image

岡山県さん、おっすおっす。

ラーメンを食べた後には快調に走れる。日差しも暖かくなり気分も上がる( •̀∀︎•́ )✧︎

ここでトラブルが…。

アキレス腱が痛い。・゚・(´□︎`*)。・゚・

確実に痛みを感じるほどだ。

やはり古傷が痛んできた( ´ Д ⊂︎ )

踏み込んだ時に、ズキッ、ズキッと鈍痛を感じる。残り250kmあるのに、不安要素があっては良くない。

思わず薬局へ飛び込んで薬を買う。

f:id:rikkei:20180222222527j:image

サロメチール。

これがよく効く薬で、この後の250kmで何回も助けられた(*ノ・∀︎・)ノ ありがとう、サロメチール。これがなかったら途中で諦めていたかもしれない。

ルートをさとるくんのGarminに入れていたのだが。一か所ミスリードを喰らい、大回りしてしまった。ぼくもさとるくんもルート確認と判断力、余裕がなくなって、自分たちがどこへ行けばいいのか分からなくなってしまった。迷子状態。いつもならやらないミスも誘発してしまうから、ゆるキャノボは怖いのだ(;´Д`)

f:id:rikkei:20180222222539j:image

残り200km地点。

f:id:rikkei:20180222222548j:image

倉敷市の美観地区。

観光名所として栄えている。広大な区画にたくさんの商店が開かれている。覗くだけでも楽しいのだ。

f:id:rikkei:20180222222557j:image

倉敷デニムの財布を買った。

いままでツーリング用の財布が100均のものだったので、New財布はモチベが上がる!

f:id:rikkei:20180222222608j:image

ぜんざいとお抹茶。 美味でした。

すっかり倉敷を堪能した。楽しかったヾ(*’▽︎’*)/

けどここで気持ちが切れてしまった。ずっと緊張状態だったので致し方ない。

ゆるキャノボの辛いところは、時間がかかりすぎることだ。

「18km/hペースで30時間+ご飯とお風呂と睡眠=48時間」

と事前に計算していた。サドルの上で30時間も過ごす。30時間ペダルを回し続ける。

時間短縮のために、これ以上速度をあげればきっと、疲れ果ててゴールできないだろう。

エンデューロといったレースで出力するパワーを100%とすれば、

いつものツーリングは80%

今回のゆるキャノボは60%

に抑えている。

マックスパワーの60%で走り続けられればいいだけだ。だが、それに故に膨大な時間がかかる。ここが辛いところだ。いくら頑張っても前に進んだ気がしない。負の感覚におちいる。

30分かけて進んだ10kmがほんの僅かな距離にしか感じられなくなってしまうからだ。

「1メートル前へ、それだけで充分だ」

その心意気を忘れないようにする。

このひと踏み、このひと踏み。

集中して漕いで行く。

ここで、さとるくんにトラブルが。パンクだ。

f:id:rikkei:20180222222631j:image

ホッチキスの針を踏んだみたい。

f:id:rikkei:20180222222644j:image

パンク修理するさとるくん。

15分ほどで直った。深刻なメカトラでなくて良かった(*´ω`*) 明るい時間帯で良かった。

まだ走れる。

しかし夕刻になると、どうも眠気に勝てない。

f:id:rikkei:20180222222847j:image

堪らずコンビニの駐車場で横になる。

(さとるくんはこの写真を撮って大笑いしていた)

睡眠を取れたわけではないが、目を閉じるだけでも頭は冴えてくる。脳の休息も大事だ( ^ω^ )

頭はクリアになった。

コンビニから出発して30分…

ガダガダガタ、うぇっぷ。ガダガダガタ、うぇっぷ…

吐き気がする_:(´ཀ`」 ∠︎):_

路面の凹凸に突き上げられて、胃の中身が逆流してきている。

補給食で糖分とりすぎて、気持ちが悪くなってきた。あとは睡眠不足がたたって身体が不調をきたしている。身体がもう限界だと主張してきている。

対処法として、コンビニへ。

f:id:rikkei:20180222222856j:image

サラダチキンを食べてみる。

胃の中が糖分まみれなら、糖分以外を取ればいいじゃない!!

これが意外に効果的で、このあとは吐き気に見舞われることがなかった。

こんな博打的な対処法で、事なきを得てラッキーだった(*´∀︎`*)

カイロも大量に買う。身体に貼り付けて、夜の寒さに備える。このあとコンビニ補給毎にカイロを買った。2日目の夜も本当に寒かった。きっと0℃を下回っていただろう。(家に帰って数えてみたら15個もカイロを貼りつけていて、笑った)

道の駅で、晩ごはーん!

f:id:rikkei:20180222222907j:image

ハンバーグ定食ヾ(*’▽︎’*)/

わーい、ご飯だー!ぱくっ。

…ん、味がわからない…

ハンバーグを食べている、ということは分かる。だが、美味しいのかどうか判断できない(´Д`||)

とうとう疲れすぎて味がわからなくなってきたのだ(;´∀︎`)・・ァハハハ・・ハハ・・ハ・・

ぼくが「やばい、味がわからない、どうしよう」と戸惑っている目の前で、さとるくんは疲れから変なテンションのスイッチが入ったようだ。

ボケを連発して1人で笑っている。超絶元気だ。元気すぎて不安になるぐらいだ。ぼくは蚊の鳴くような声で「…ちょっと静かにして…お願い」と懇願する。だが、それをフリと勘違いしてボケを加速させてくる。なんだこれ?地獄??

この時が疲労のピークだった。身体の疲れよりも脳の疲れが深刻という状況。判断力が鈍っていた。

輪行で帰る選択肢も考えつかなかった。

施設内の温泉へ入ってみる。

f:id:rikkei:20180222222917j:image

…少し回復できた。よかった(*´ー`*)

風呂上がりにソファで横になり、10分だけ目を瞑る。脳内で何かが高速処理されている感覚がする。

常に頭を動かしていると脳内がパンパンになる。一杯になった容量を、目を瞑ることで減らせた気がする。脳内の思考スペースが確保できた。随分と楽だ(*゚▽゚*) かなり回復できた。

元気を取り戻して、再び自転車に跨る。

ここからのルートが最高だった。

備前市から相生市までの250号線。車が全然走っていない、路面は綺麗、アップダウンが楽しい、静か。

あああー、たのしいい!

歌いながら、心地よく風を感じる。

車なんて5分に一度見かけるぐらいだ。快適快適。

国道2号線がデレてくれた\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ワーイ

f:id:rikkei:20180222222926j:image

兵庫県入り!

ようやく、やっとこさ、ついに、どうにか、兵庫県に着いたよ。・゚・(´□︎`*)。・゚・

ここまで来れればあと100kmちょいだ。焦らずともゴールできるだろう。安堵した。

ふー、やれやれだ。

首のストレッチをしようと、空を見上げたら…そこには

……夜空いっぱいに星。

感動した。

こんな綺麗な空があったのか。

瞬く星々と輝く月。美しい。

ずっと空で煌めいたのに気づかなかった。

岡山県と兵庫県の間で宇宙を感じていた。

天からの応援をもらって姫路市まで駆け抜ける。

f:id:rikkei:20180222222937j:image

ラーメン。

おいしい〜。よかった、味がわかる〜。

味覚を感じることに安心して、完食する。

ここで眠気の限界が…この日は18時間ぐらい活動していたからね。眠くもなる。

近くのネカフェで仮眠をとる。

朝3時に起床。2時間眠れた。

身体は疲れすぎて、いまどれほど疲れが溜まっているのかよくわからない。けど、あと6時間半で100kmを走ればいいのだ。トラブルがない限り大丈夫だろう。

f:id:rikkei:20180222222948j:image

ラスト100km区間ではコンビニ休憩は2回だけ。

「二度と500kmも走らない」と2人の意見が合致した。 さとるくんも限界が近い。

朝の5時台に車はほとんど走っていない。ラストのスピード区間として、かなり飛ばして駆け抜けた。

朝日が昇る前に、明石市に入れた!

明石市以東は走り慣れた道だ。交通量と信号が多く、スピードは出せない。ゆるゆる走るだけだ。残り50km。

神戸の信号に引っかかりまくる。ストップ&ゴーで気持ちばかり先行する。残り距離が減らないことにヤキモキする。

焦ってはダメだ、ゆっくり行こうと自分に言い聞かせる。

尼崎市の川を超えると、ずっと見たかった県境の看板が…!

f:id:rikkei:20180222222957j:image

ただいま、大阪ぁああああ!

ついに大阪まで帰ってこれた。すごーく感慨深い。もう10kmもない。

f:id:rikkei:20180222223013j:image

この淀川を越えたら、もうすぐ!

ゴール地点の梅田が見えてきた〜!

あとちょっと、あとちょっと。

f:id:rikkei:20180222223030j:image

あと300メートル。

気持ちが焦る…。もう少し。もう少し。

つ、ついに………

ゴールできたああああ!!!

f:id:rikkei:20180222223038j:image

うおおおおおおああああ!

走りきったあああああああ!

f:id:rikkei:20180222223106j:image

さとるくんもおつかれさまー\\٩( ‘ω’ )و ////

さとるくんと力一杯にハイタッチをする。肩がもげるほどに力一杯に。嬉しくて感無量…!

こんなバカなことができてしまった。ロードバイクってなんて面白い乗り物なんだ…!

f:id:rikkei:20180222221527j:image

Twitterでたくさんの応援をもらえた。

ただ自分の好きなことをやっているだけなのに、人から応援をもらえることがどれだけ嬉しいことか。

ありがとうございました!!(圧倒的感謝)

f:id:rikkei:20180222223326j:image

やってみて分かったが、ゆるキャノボはオススメできるもんじゃない。

基本的にしんどいし、事故に遭う可能性も高い。極度に疲れた状態で、知らない道を走るなんて危なっかしいからね。今回は運が良かっただけだ。大きなトラブルもなく、事故もなく、走ってこれた。もしもやるなら入念な準備をお願いしますね。

ぼくももっと熟練して、疲れにくい走り方を覚えよう。そして、本当のキャノボもやってみよう。

また500km走りに行きたいな。

f:id:rikkei:20180222223334j:image

おわり。