【乗鞍岳チャリ旅0日目】準備編

ロードバイク

行きたい。

行かなきゃ、きっと後悔する。

そう思って乗鞍岳へ行ってきた。

f:id:rikkei:20171020193443j:image

今回、行くにあたってかなり迷っていた。

行きたい気持ちはあるけど、日程的にどうしても厳しい。乗鞍岳に行かないだろうと一度は諦めた。けど、ツイッターや自転車ブログを読んでいるうちに、「なんとしても行きたい!」の思いが止められなくなり強行することに。

乗鞍岳でやりたいことは。

1. 自転車で乗鞍岳山頂へ。

2. 山頂のお宿 銀嶺荘へ泊まる。

3. 紅葉を見る。雲海も見れたらラッキー。

4. 夕日と朝日を眺める。

決行日は2017年10月9日。

その2日前までアメリカに行っていたので、体的にはかなりしんどいことが予想できた。けど、どうしても紅葉の乗鞍岳を見に行きたかった。

初めての乗鞍岳へ行ける!単純にワクワクする。

友達には「なんでわざわざ苦労して山登るの?」と言われるが、僕もよくわからない。なんか楽しそうだからだ。

趣味を続ける理由は、なんか楽しそうだから、で十分じゃないだろうか。それ以上に意味を求められても答えられない…(;´д`)

本来ならチャリ友達と2人で行く予定だったが、都合が合わずソロで行くことに。ボッチでも楽しめるから気にしてないよ!。・゜・(ノД`)・゜・。

装備や荷物はこんな感じ。

装備

・ヘルメット
・ネックウォーマー

・グローブ

・メリノウールEXPインナー

・メリノウールMWインナー

・半袖シャツ

・パーカー

・ウインドブレーカー

・タイツ2枚

・短パン

・パンツ

・靴下

・シューズカバー

・ビンディングシューズ(SPD対応)

・一眼レフ(斜め掛け)

・スマホ(自転車に装着)

f:id:rikkei:20171020193725j:image f:id:rikkei:20171020193728j:image

mont-bellのメリノウールシリーズには本当に助けられた。

インナー2枚、タイツ、ネックウォーマーがめちゃくちゃにあったかいうえに使い勝手が良かった。速乾性と伸縮性がずば抜けていて自転車乗りには必須防寒具になるとおもう。

実際、朝方の0℃でこれらの装備を着込んで、寒いと感じたことはなかった。これからの冬のライドで活躍しそうでワクワクする。

あとは、荷物たち。

サドルバッグ
・iPhone充電器

・モバイルバッテリー

・財布(3万円、クレジットカード、学生証、学割証、家鍵)

・携帯ポンプ

・携帯工具

・シャツ1枚

・パンツ1枚

・靴下1足

・歯ブラシ

・髭剃り

・チューブ2本

・タイヤレバー2本

・自転車カギ

・補給食

補給食

・ブラックサンダー×10

・カロリーメイト(大)×2

・カニカマ×1

・ちくわ×1

・オレンジジュース(ボトル2本分)

総カロリー2000kcal

乗鞍岳は相当に寒いとフォロワーさんから聞いていたので、これでもか!と着込みまくって登りに行った。(今回はこれが大正解だった。)

あと、コンビニや自販機があるとは思えなかったので補給食もたんまり持って行った。3食分のカロリー摂取できるほどあれば、寒い中のヒルクライムでも耐えられるだろうと予想した。(これも正解だった。)

乗鞍岳は本当に素晴らしいところだった。

次回から実走編へ。