【紀伊半島一周】日本のエーゲ海!岩と海の絶景ライド【7日目】

202001紀伊半島一周

Part1の記事はここから読めるよ!
前回記事はこちらから~

朝。

ゆっくり身体を起こす。なんか全身がいたい…。これ、落車で身体いためたパターンのやつだ。

この自転車旅…続行か中断か…。
身体を伸ばしながら、しばし考える。

…うん、続行しようか。

深刻な痛みはない。身体はスムーズに動いてくれる。まあ自転車にまたがれば、テンション上がって痛みなんて感じない。大丈夫!

宿のおばちゃんに促されて朝食をいただく。

正月verのご飯。う、うれしい…!

「あ~、年が明けていたんだなあ」なんてぼんやり思う。旅をしていると脱世感に浸るので、行事を実感しにくい。お餅を食べながら、お正月を感じていた。やっぱりお正月にはおせちだね。とっても美味しい朝ご飯でした。ごちそうさまでした!

宿の会計をしながら、世間話をする。この先の名所なんかを教えてもらう。

おばちゃん「あ、そうだ!みかんいる?いっぱいあるから持っていって!」
ぼく「いいんですか、助かります!」
おばちゃん「そのカゴに入ってるの持っていって」
ぼく「やった!」

なんて言いながらみかんを3つほど貰おうとすると、「もうちょっとだけ持っていきなよ」とおばちゃんの手がせわしなく動く。シュバババ!


結局、20個以上も貰ってしまった!ありがてぇありがてぇ。

無理くりサドルバッグに押し込み、入りきらない分は上着のポケットに。おばちゃんにお礼を言って宿を出る。こうして見送られるのも嬉しいものだ。

ささっと自転車の点検をする。昨日の落車の影響で、ホイールにちょびっとフレが出ている…。まあツーリングできる範疇なんだけど。なんか、ごめんなぁ。もう落車はしないよ。。。

さあ、今日も天気が最高にいいぞ!

気持ちを切り替えて、元気に行こう!

ルートはざっくりこんな感じ。

本州最南端の街、串本町まで行こう!!

おっとあれは…?

海に浮かぶ白い岩々…。


白崎海洋公園だぁああああ!!!


ふぅああ!!眼福だなあ。

最近はすっかり岩にハマっているワタクシ。


ゴツゴツ感、淡い乳白色、造形…どれをとっても美しい。

こんな不思議なものを生み出した自然は偉大だ。感銘をビシビシ受ける。建築美に通じる黄金比がきっと隠れているに違いない。


自転車旅の写真集を作ろうと思っているこの頃。ネタが尽きなくて嬉しい。どこで撮っても画になる。

じっくり見て渡り、景観満足パラメータをカンストさせたおいた。

圧倒的な岩々は素晴らしい。白崎海洋公園に別れを告げ、南へハンドルを切る。風は追い風で走りやすい。が、どうも身体の調子が上がらない。筋肉がつっぱてるし、全身がなんだかだるい。

なんだか本調子じゃないので、撮影メインのぼちぼちライドに切り替える。


そこかしこに写真スポットがあってニッコリする。

走り抜けるものいいけど、足を止めてのんびり景色を楽しむのもいい。旅の仕方は自由であるべきだ、なんて思う。


ちょっといいスポットを見つけたので。


休憩~!宿のみかんをもぐもぐ。くぅ~酸味が効いてて身体に染み渡る…。うんめえや。

それにしても静かな海だ。


港も静けさに包まれ、波音も風切り音もない。ふぅ…と一息入れた音が際立って聞こえる。澄んだ薄藍色の空、深遠な紺碧色の海。180度の視界いっぱい広がる自然を堪能する。ちょっぴり寒いけど、それすらもうれしく思う。完全な自由な世界に浸る。。。

30分は海を眺めていただろうか。Twitterを見れば、とあるフォロワーさんから連絡が来ていた。簡単にやり取りして、先に進むことを決めた。

やっぱり調子が上がらないけど、淡々と進む。無理してオーバーペースで走らないようにしよう。旅はまだまだ続くんだ!


お昼ご飯を食べようにも、どこも店が営業してないというね。まあ1月2日だし仕方ないね。365日営業のコンビニ感謝しながら、コンビニご飯を食べる。そういえば、昨日の昼も夜もコンビニのご飯だったな。

その後も寄り道せずに、ゆったりゆったり自転車を進める。いつもと違うスピードなので、景色も雰囲気も目いっぱい楽しめる。これはこれで良きかな。

気づけば夕暮れだ。ボーっと信号待ちをしていると…

???『りっけいさーーーん!』

と僕を呼ぶ声が聞こえる。え、だれ?

声をかけてくれたのは、サンショウバイクさんだ!!(Twitterアカウント


どうも、どうも!お久しぶりですね!!!

約2年ぶりの再会だ!2年前の四国一周中に出会ったことがきっかけで、Twitterで仲良くさせてもらっていた。四国一周のときは、さとるくんと三人でトップスピードで高知を走り抜けた。とんでもなく楽しかったなあ。(その時の記事はここから読めるよ

テンションが上がる。サンショウバイクさんはすでに170km以上を走ってきたらしい。ぼくの倍のペースだ!!今日一日は風が吹き荒れていて大変だったと話が弾む。超ロングライダーのサンショウバイクさんでも今日は苦労していたらしい。やっぱり自転車乗りにとって海風は大敵だ。進行方向が逆なので、10分ほど立ち話をしてお別れ。今度は一緒にがっつり走りましょうね!!(この後もサンショウバイクは走り続けて220kmオーバーライドをしたらしい…強すぎでは???)

ちょっとモチベが下がっていたので、嬉しいエンカウントだった。フォロワーさんと話せると元気になる。同じ道を走っているから、気持ちが通じ合うというか共感しあえる関係がいい。

ちょうどいいタイミングで…


夕陽をぱしゃり…!

うん、いい一枚だ!!大好きな夕陽が取れて次第にテンションが上がってきた。ここからは僕の大好きなナイトライドの時間だ!!

ようやくエンジンがかかってきた。身体もようやく動いてくれるようだ!


誰も通らない国道42号線を、たった一人で粛々と進む。


こんなシチュエーションがいい。真っ黒に染まった山、深藍色の夜空。山と夜空の境界線がくっきり見える。目視でも50個以上の星がまたたいている。

自分の息遣い、チェーンの擦れる音、変速のギア音…静かな世界。

世界にたった一人置いていかれた気持ちになる。でも、そんな非日常の没入感がたまらない。

左足に違和感を感じる。それもそのはず。落車したときに、左脚のクリート(シューズとペダルを固定する金具)がブッ壊れているのだ。左足だけクリート高さが合わない。へんてこなペダリングで進み続ける。


すさみ町へ入って休憩。道の端っこで、ブラックサンダーを食べる。

うんまいな。ブラックサンダーはどんな状況で食べてもうんまい。飽きない味で大好き。

もはやどれだけ進んできたのか分からない。サイコン上の数字は確かに進んでいること教えてくれるが、まったく実感がわかない。10m先しか見えない。似たようなカーブと小刻みなアップダウンをいくつも越えてきた。あとどれだけ脚を回せば着くんだろうか。そしてコンビニはいつ現れるんだろうか…。ぼくは考えるのをやめた。

進み続けてようやく…

コンビニ発見~!会いたかったよ!ローソン!!!

夕ご飯を調達して、本日のお宿であるゲストハウスへ。到着した時には22時を回っていて、宿の人にめちゃくちゃ心配された。遅れてすんません…!!

ゲストハウスの共同スペースで、ご飯を食べようとすると…

おねえさん「あ、今からご飯?よかったら餃子食べる?」
ぼく「ふぇ!?いいんですか?(うれしい)」
おねえさん「余りもんだけどね~どうぞ~」

中華スープと餃子をいただく。やったー!ありがとうございます!!!!!(お腹すきすぎて、写真撮り忘れてた…!!)宿のおねえさんかと思ったけど、どうやらお客さんだったようだ。ゲストハウス内で餃子を作ってみんなに振舞ったけど余ったらしい。ぼくにしたらなんという幸運だろうか。

コンビニご飯にはさすがに飽きていたので、手料理をいただけるのがヒジョーにありがたい!涙がちょちょぎれるよ!!もう餃子もスープも大絶品でした。寒空のなか走ってきた甲斐があるってもんよ。美味しすぎてずっとニコニコしながら食べていたと思う。ごちそうさまでした!ありがとうございました!!!

ベッドルームへ行くと、同室の方も自転車乗りとのこと。でも彼の自転車のスポークが折れてしまったようで、明日は電車で帰るらしい。せっかくの旅で残念そうだが、機材トラブルだからお助けすることもできない。。。明日は我が身かもしれないのでこの後も気をつけよう。雑談もそこそこにしてベッドのなかへ。

身体を横たえたら、スッと眠りの世界にいざなわれた。やっぱり身体に無理強いしすぎていた。

つづく